オードブルの由来と現在の姿

よく私たちも耳にする「オードブル」という言葉ですが、これがそもそもどんな意味だったのか皆さんはご存知でしょうか。
実はこのオードブルというのは「前菜」という意味が強く、メインの料理の前に出てくるというものだったのです。

 

よくパーティーなどに行くとシャンパンなどの食前酒と何か「お腹に入れられる軽食」が提供されますね。
そしてその後にメインの食事が出てくるのです。このオードブルというのは交流を促し、さらにメインの料理への「食欲」というものをそそるうえでとても重要なものであると言えます。

 

しかしきっと多くの方がイメージしているオードブルというのは少し違うと思います。
色んな料理をバランスよく取れてみんなが大好きなものですね。最近ではこうしたオードブルというのは「宅配」でオーダーするというのが主流になってきました。
これによって主催者側は時間を有効に用いることができるからです。

 

細かい時間指定というのもできますので、円滑なイベント振興にも問題がありません。
こうしたオードブルというのは何かケータリングをするよりも比較的料金的な負担というものが少ないと言われています。

 

ですから出席者が沢山いても非常に豪華な食事を提供できますし、イベントの成功に必要不可欠なものになっているのです。
ぜひ皆さんももしまだこのようなサービスを利用したことが無いのであればぜひさっそくオーダーしてみてください。その質と便利さというものに病み付きになることは間違いありません。
http://luau.alohatable.com/